歯周病・予防歯科

歯周病とは

歯周病

皆さんは歯周病は自分には関係ないと思っていませんか?

実は30代以上の成人で7割近くの方は歯周病を患っている可能性があるほど一般的な病気なのです。

毎日歯磨きをしていても、一度歯周病を患ってしまうと自分の力で治すことは難しいのです。

最近歯磨きをするとすぐに出血する、歯茎が後退しているような感じがする・・・
このような自覚症状がある方は一度検査をしてみる必要があると思います。

歯周病は身体全体に影響します

歯周病

歯周病は口腔内だけの病気ではないことが最近の研究で明らかにされています。

口腔内で蓄積された歯周病菌の毒素は、血液・心臓・肺・・・胎児にまで影響するのです。

歯周病は再発防止が重要です

歯周病

歯周病治療の悩みは、一度治療して治ったとしても油断するとすぐに再発してしまうことです。

せっかく長い期間をかけて治療して再発するのは私達医師にとっても残念な結果になってしまいますので、定期的なメンテナンスを心がけていただけるように治療後の指導もいたしております。

当院の歯周病に対するスタンス

脳地図

皆様は「脳地図」をご存知でしょうか?

一度は目にしたことがあるかもしれませんが、身体全体の割合と比較すると口の部分が大きいことが理解できます。

つまり、この口が病気になってしまえば、身体全体のバランスも崩れやすくなってしまうわけです。

このバランスを崩す最も身近で怖い病気が「歯周病」なのです。

皆様も、身体全体のバランスを維持するために歯周病対策を心がけて健康な毎日を過ごせるようにしましょう!


→画像をクリックすると拡大表示します。

予防歯科って何をするの?

予防歯科って何をするの?

歯医者に行く時は「歯が痛くなってから」とお考えでの方もいらっしゃると思いますが、歯が痛くなってからというのは、既に症状が進行しているからなのです。

痛くなってからではなく、日頃からメンテナンスをしておけば、仮に虫歯になっても早期発見・早期治療で様々なストレスから逃れることができるのです。

欧米では、定期的に歯医者に行き常に健康な歯を維持することは常識となっております。

予防歯科の重要性

予防歯科の重要性

自分の背中って良く洗えないですよね。 自分のお口の中も完全に磨いていくのはなかなか難しいことなのです。

そこで、お口の中を健康に維持していくために、定期的なお口のクリーニング&トリートメントが役に立つのです。このトリートメントケアとは従来のバイオフィルムの除去を目的としたPMTC(歯のクリーニング)とは違いエナメル質と同じ成分(ハイドロオキシアパタイト)を歯の表面に擦り込んで歯の表面のミクロの傷を埋める再結晶化を促し、仕上げに歯の表面にカルシウムとリンでコーティングをします。


お口のクリーニングというと、従来は道路工事のようなガリガリと歯石を取るイメージでしたが、最先端の予防歯科では患者様がリラックスをし免疫力をアップする歯肉マッサージ、リップマッサージなど総合的にお口のケアをいたしますので、施術を受けられた患者様は感動と心地よさで多くの方が定期的に通われています。

ただのお掃除ではないのです!最新のお薬と技術を融合させた予防治療です!
是非お勧めいたします。


プロのクリーニングPMTC

プロのクリーニングPMTC

毎日しっかり歯磨きをしていても、歯垢(プラーク)はわずかですが残ります。

それは、長期的にみれば歯石となり歯磨きで除去することはより困難になります。

しかも、歯垢は集まると自らを守るために特殊なバリア(バイオフィルム)を形成します。それは歯磨きや薬品では簡単に取り除くことができません。




【PMTC】このようなガンコな歯垢を取り除くために、プロ(歯科医師または衛生士)による特殊な機器を用いた歯のクリーニングを定期的にすることをお勧めいたします。
救急の場合は

お子様の虫歯予防(フッ素塗布・シーラント)

お子様の歯はいずれ永久歯になるので虫歯は治療しなくても問題ないとお考えでしたら、それは大きな間違いです。

お子様の乳歯の下では永久歯を作ろうと準備をしているのです。乳歯が虫歯になってしまうと、必然的に丈夫な永久歯を作る環境が整わないため、生えてきた永久歯が弱いものになってしまいます。

お子様のその先の将来を考えたら、お子様の虫歯は甘くみてはいけません。

フッ素塗布

【フッ素塗布】
お子様の歯をより丈夫にするために、一般的によく知られているものです。
フッ素を歯に塗布することにより、再石灰化が進み丈夫な歯にすることができます。

ただ、フッ素塗布の効果は経過とともに薄くなりますし、頻繁にできるものではありませんので、定期的なメンテナンスは重要です。 

シーラント

【シーラント】
どんなお子様でも歯磨きは上手ではありません。磨き残しがあったり、遊び疲れて歯磨きをわすれて寝てしまうこともあるでしょう。

お子様が虫歯になるのは奥歯であるケースが多いので、あらかじめ歯の溝に詰め物をしておくことで虫歯を防ぐことができます。 

正しいブラッシングを指導しています

正しいブラッシングを指導しています

どれだけ定期的に歯医者に通っても最も重要な予防方法は歯磨きです。

自己流の歯磨きではなく、理にかなった正しい歯磨きを身につけることにより、衛生的な口腔内を維持することができます。


【ブラッシング指導】
正しいブラッシングを身につけていただくために、当院では歯科医師、または衛生士によるレクチャーを行なっております。



また、ブラッシング効果の高い歯ブラシも販売しておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。